動的量的視野検査

眼の病気の中には視力だけでなく、物の見える範囲(視野)が変わる場合があります。 そのような病気を見逃さないためにも、視野を測定する必要があります。 視野とはどこか1...

詳しくはこちら

静的量的視野検査

視野内の感度を検査する静的視野検査というものがあります。これは顔を固定し一点を見つめて、周辺に出現する小さい光が見えるかどうかを検査していきます。多くの点を検査していくこと...

詳しくはこちら

光干渉断層血管撮影(OCTアンギオグラフィー)

OCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)は眼底、すなわち網膜や黄斑の検査です。 眼底にある網膜や黄斑に病変があると視野に異常を生じたり、失明することがあります。 ...

詳しくはこちら

視力検査

皆さんにもお馴染みの視力検査。ここでは少し詳しく解説してみます。 視力検査に使う「C」のマークはランドルト環と呼ばれています。これは考案者であるフランスの眼科医、エドムンド・...

詳しくはこちら

眼圧測定(ノンコンタクトトノメーター)

広く一般的に使われている眼圧計です。 眼科に来院したことのある患者さんであれば、一度は体験したことがあるかもしれません。目を開いて、そこに「シュッ」と風を当てる検査です。...

詳しくはこちら

レーザースペックルフローグラフィー

レーザースペックルフローグラフィーは眼底の血管の様子、血液の流れを診断するために必要な検査です。レーザーと名前にありますが、全く危険性のない波長の光を選んでいますので、目に...

詳しくはこちら

検査について