視野内の感度を検査する静的視野検査というものがあります。これは顔を固定し一点を見つめて、周辺に出現する小さい光が見えるかどうかを検査していきます。多くの点を検査していくことで、見えていない部分を洗い出します。

細かく、感度良く検査ができるのですが、従来は時間が掛かるため広い範囲には適していませんでした。しかし当院で採用している静的量的視野計は、従来よりも早く、正確に検査ができるタイプです。これは検査後半に起こりやすい視点のブレを補正する機能が付いているためです。

当院では患者さんの負担を少ない検査を心掛けています。

検査について