アレルギー性結膜炎とは

アレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が目の表面に付着して、炎症を起こす病気です。

アレルギー性結膜炎には2種類あります。

1つ目は、花粉などが原因により起こる特定の季節にのみ
症状があらわれるものを季節性アレルギー性結膜炎と言います。

2つ目は季節に関係なく1年中通して起こる通年性アレルギー性結膜炎があります。

アレルギー性結膜炎の症状

・目やまぶたがかゆくなる

・目が充血する

・白っぽい目やにが出る

・まぶたの裏がぼこぼこしている

上記のような症状で、目に違和感を感じたらアレルギー性結膜炎の可能性があります。

アレルギー性結膜炎の治療

治療法としては主に点眼による薬物療法となります。
日常生活に支障がでないよう、症状を軽減することが目的です。

かゆみの原因となるヒスタミンを抑えるため主に抗アレルギー点眼薬が使われます。

症状が強い場合には、経過を見ながらステロイド点眼薬での治療に移行する場合もあります。

季節性アレルギーの場合は症状が出る前の約2週間前
もしくは症状が出始めた頃から使用しておくと症状が軽くなります。
下記は札幌市の花粉飛散量の目安です。参考にしてください。

花粉対策

外出時は花粉を寄せ付けないことが大切です。
花粉対策用の眼鏡やゴーグル、帽子を着用するようにしましょう。

帰宅時は花粉を保持せず、持ち込まないことを徹底しましょう。
衣類から払い落す、うがい、手洗い、洗顔をするようにしましょう。

アレルギー性結膜炎に該当する症状が出た場合、新川まえだ眼科に一度ご相談ください。

診療案内