加齢黄斑変性とは

欧米では後天性失明疾患第1位の病気で、近年日本でも増えています。
喫煙との関連が指摘されていますが、ほとんどは原因不明です。
歪みの自覚症状で受診される方が多いのですが、歪みを生ずる疾患の中に加齢黄斑変性が入ります。

加齢黄斑変性の治療

眼底出血を起こすため視力を元に戻すことが困難です。
根治は難しく、視力が低下しないうちに専門医療機関で
適切な眼処置・光線力学療法を受けることになることが多いです。
歪みなどの自覚症状を認めた場合、我慢せず、眼科受診をお勧めします。

診療案内