ドライアイとは

ドライアイは原因不明の疾患です。角膜、結膜が乾燥するために生ずる症状です。
目が疲れる、ごろごろする、充血などの症状にドライアイが隠れていることがあります。
コンタクトレンズ使用後、ストレス、アレルギー性結膜炎、パソコン画面を長時間見る仕事、季節など様々な要因がきっかけで生じます。
目の表面が傷つく疾患のため、自覚症状のある方は一度眼科受診をお勧めします。

ドライアイの症状

涙は、油層、水層、ムチン層という成分でできています。
いずれかの要素が欠乏しても安定性が崩れ、涙が蒸発しやすくなったり、眼球の表面に傷がつきやすくなります。
ドライアイになると目の乾燥感だけでなく、異物感、痛み、まぶしさ、目の疲労など、慢性的な眼の不快感を感じます。
10秒間まばたきを我慢できない方はドライアイの可能性があります。

ドライアイの治療

基本的には涙に近い成分の人工涙液や、ヒアルロン酸が主成分の目薬などを点眼します。
また、涙点プラグを装着することもあります。
【涙点プラグ】
涙腺で作られた涙は、まばたきで面表面全体に行き渡り、目頭にある「涙点」という小さい穴から鼻の奥に排出されます。
その涙点に涙点プラグで栓をすることで、涙が排出されるのを抑制し、目の表面の涙の量を増やすことで、ドライアイの症状を改善させます。

診療案内