緑内障とは

日本では後天性失明疾患第1位の病気です。
かつて緑内障は眼圧が高いために生ずる疾患と考えられていました。
怪我や、他の疾患などで眼圧が上昇する緑内障もありますが、ほとんどは原因不明です。

緑内障の治療

緑内障には眼圧が高い緑内障と眼圧が正常の緑内障があり、自覚症状がほとんどないため、気が付いた時は手遅れです。
40代の約5%は自覚症状のない緑内障に罹患していると緑内障学会より報告されているため、一度眼科を受診されることをお勧めします。
緑内障は適切な治療を行えば、疾患の進行を遅らせることが期待できますが、治療開始は早ければ早いほど良いです。

診療案内